再生医療の技術開発の発展と希望

医療現場で技術開発が進んでいる分野が再生医療とiPS細胞です。どちらも細胞を再生するという点では共通しています。また自分の細胞を使用するため拒絶反応を防ぐことができます。さらに副作用が少ないという利点もあります。異なる点は再生医療は現在治験段階まで進み、実際に人の体で治療が行われていることです。自分の細胞を搾取し、培養液で細胞シートをつくります。心臓の筋肉活動が弱まった場所へ細胞シートを移植すると弱まっていた心臓の動きを取り戻すことができます。また眼の角膜の代わりともなるのが細胞シートです。一見心臓も眼も同じ治療方法に思えますが、一方は働きを回復し、もう一方は代わりとなるという点が異なります。このことから細胞シートもさまざまな分野で活用ができることが期待されています。次に同じ再生医療になるiPS細胞は新しく臓器を生み出すことができる医療方法です。また研究段階ですが、難病の解明ができるところまで進んでいます。それは臓器移植者だけではなく、現在でも治療方法が見つかっていない難病患者の希望でもあります。再生医療の技術開発が進むことによって医療現場の治療方法が大きく変わることになります。

戦国ixa 空き地 攻略

お見合いパーティー、東京でするなら!